気になるウワサはここだけでおk

〜ヒトの富幸はミツの味〜 読んでてシアワセになる記事を心がけます(なるべく。)

【衝撃】堀北真希、電撃引退の真相がヤバい・・・!!

   

【衝撃】堀北真希、電撃引退の真相がヤバい・・・!!

女優・堀北真希の電撃引退報道がまだ耳に新しいですが、ここで衝撃の真相が明らかになりました。堀北真希こと、「原麻里奈」が引退を決意し、一般人に戻ることを決めた真相が分かりネット上では騒然となっています。ここでは堀北真希の電撃引退報道について、真相を追いかけていきたいと思います。

スポンサーリンク



堀北真希、電撃引退の真相がヤバい内容とは

2015年に俳優・山本耕史(40)と結婚、昨年12月に第1子出産が明らかになった女優・堀北真希(28)が芸能界を引退した。所属事務所「スウィートパワー」が2月28日深夜に本人のメッセージを添えて公表。

関係者によると両者間の契約が2月末で満了となり、堀北は更新しなかったという。尊敬する山口百恵さん(58)の背中を追うように、すっぱりと芸能界から身を引き、夫の山本と子供のためだけに家庭に入るという道を選択。その裏には、事務所とのあつれきがあったとの情報も浮上している。

 清水富美加(22)の出家、引退騒動が冷めやらぬ中で、今度は一時代を築いた主役級の清純派女優・堀北が、迷いもなく引退を決めた。2月いっぱいで所属事務所との契約が満了。更新や移籍・独立をせずに、家庭に入ることを決意したという。

「キッカケとなったのは、間違いなく一昨年の山本との結婚、昨年の出産です。結婚発表直前にファンクラブの解散が決定。そのころから引退を考えていたようで、仕事を減らしていた」と芸能プロ関係者。

 結婚、そして妊娠を機に、堀北の仕事量は激減していた。

スポンサーリンク



 昨年1月クールのドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」(日本テレビ系)に出演した後は、CMでしか姿を見かけなくなった。そのCMも、今年に入ってすべてが契約満了となった。堀北は、引退への道を着々と作っていたようだ。

「もちろん、事務所サイドは契約更新を望んでいたが、堀北の意志は固く、覆せなかったようだ。交渉の途中からは堀北が代理人の弁護士を立てて、事務所と話し合いをしていた」と話すのはテレビ局関係者だ。

 堀北は物静かそうな外見からは想像できないほど頑固かつストイックな性格で、一度決めたらテコでも動かないタイプだ。


「昨年秋ごろ、写真誌に夫の山本と揃って金髪姿でデートしている写真を撮られました。清純なキャラクターだった堀北のあまりの変わりように、世間も驚きました。まだいくつかのCM契約が残っている最中に金髪にしたのも、今思えば、芸能界には戻らないという決意の表れだったのでは?」(広告代理店関係者)

 好感度抜群だっただけに、結婚して妻となり、出産して母となった後も“ママタレ”など、まだまだ様々なフィールドで活躍できたはずだ。にもかかわらず、なぜ引退を選んだのか?

「もともと、芸能活動にそこまで執着していなかったから未練はなかった。山口百恵さんへの強い憧れがあったことも、引退する要因となったようです。百恵さんは三浦友和との婚約を機に、絶頂期で芸能界から身を引いた。堀北の頭の中に、その姿がよぎったのでしょう」と前出芸能プロ関係者。

 別の芸能関係者は、堀北と所属事務所との確執は2015年の結婚までさかのぼるという。

スポンサーリンク



「そもそも堀北の結婚には事務所社長が断固反対していた。交際が発覚した時点で、社長は激怒しまくりでした。何度も別れるように促したものの、堀北は全く聞く耳を持たなかった。事務所からの電話を一時拒否して連絡が取れなくなるという事態にまでなったのです」

 確執は第1子誕生のときの発表の仕方にも顕著に表れた。出産となれば、本来なら堀北か山本の事務所が発表するのが自然な形だが、なぜか12月17日、テレビ朝日系のバラエティー番組「SmaSTATION!!」で司会の香取慎吾(40)が「僕の友達の山本耕史にお子さんが生まれてお父さんになりました。山本さん、堀北さん、おめでとう」と発表した。これに違和感を覚えた視聴者も少なくなかったはずだ。

「表向き、山本と香取が親交があったためとされましたが、実は違う。実際は、堀北が結婚に反対する事務所とモメていたので、正式な発表ができなかった。山本は堀北に従う他なく、結局、山本と仲の良かった香取に頼って、あんな発表の仕方になったんです」(同)

 社長が反対したのにも事務所なりの理由があった。

 テレビ関係者は「堀北の前に、同じ事務所の黒木メイサが赤西仁と“できちゃった婚”をした。それで事務所の稼ぎ頭となった堀北の結婚をやすやすと認めるわけにはいかなかった。じゃないと、他の所属タレントにも示しがつきませんからね。結果的にはそれが裏目になったのですが…」(テレビ関係者)。

 きれいさっぱり芸能界を去る堀北。結婚、出産を経て、復帰を楽しみにしていたファンにとっては、寂しい引退劇となってしまった。

スポンサーリンク



☆ほりきた・まき=1988年10月6日生まれ。東京都出身。中学2年生の時にスカウトされ、2003年に芸能活動を開める。05年、ドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)で大ブレーク。同年の映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の演技で日本アカデミー賞新人俳優賞などを獲得し、07年の同作続編で同優秀助演女優賞。テレビでも06年から主演が続き、若手トップ女優に成長。12年にはNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で主役を演じ、年末のNHK紅白歌合戦では司会を務めた。15年8月、俳優の山本耕史と結婚。16年12月に第1子出産が明らかになった。160センチ。

東スポWeb 3/2(木) 11:01配信

どんなケースでも、売れっ子タレントの引退や結婚を素直に喜べない事務所との軋轢が、こういうめんどくさいことに発展していきますね。ジャニーズでもそう。どんな事務所でも、お金を稼ぐ「金の卵」をそうやすやすと手放したり、商品価値を下げたりする行為は許せないんでしょうね。

気持ちも分からなくもないですけどね。事務所側としても、自分たちのおかげで有名になれたりいい生活が出来てるくせに!と思っていたり、本人側としても、自分のおかげでこの事務所がやっていけてるんでしょ?と思っていたり。双方言い分が揃ってますよね。

卵が先かにわとりがさきか、っていう論争にはならなそうですけど。明らかに事務所が先なんで。ただ、商品としてだけみるのではなく、人として正しく扱ってあげてほしいなって思います。

シェアお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね☆

 - 堀北真希