googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

【カインとアベル】キャストついに決定か?!ヒロインにファン絶句!?【出演者】

   

【月9】カインとアベルキャストついに決定か?!ヒロインにファン絶句!?

image

2016年10月よりスタートのフジ系月9ドラマ。カインとアベルのキャストがまだ決定しないのかとネット上で騒然となっています。そしてヒロインの噂にファンが絶句している?!カインとアベルのキャスト、ヒロイン情報の総まとめです。

スポンサーリンク



カインとアベルの主要キャストは家族とヒロイン


カインとアベルというドラマの性質上、やはり大事になってくるのは家族、とくに父親と兄ですよね。そして、ラブストーリーなんだから恋人役のヒロイン。ここの選び方でドラマの成功・失敗が分かれるといっても過言ではないです。関連記事↓↓
カインとアベルのキャスト・あらすじ最新情報!

先日、カインとアベルのティザー動画が公開され、ファンの間でも何度も繰り返し再生されているようですが、これだけ見ても何のことか全くわからない。
ティザー動画って何?!

ティザー広告とは、広義では、ある要素を顧客に明らかにしないことによって注意をひこうとする商業広告の一手法で、狭義では「本来、広告で伝えるべき商品についての要素のいくつかを意図して明らかにせず注目を集める広告手法」

スポンサーリンク



まぁつまり、簡単にいうと「出し惜しみ」をして、注意を惹きつけて、「ほれほれ、気になるでしょ?」ってやる広告のことですね。イラつきますね〜笑 当然、これ見ただけじゃ何の話か全然わからないので出てくる反応も、当然こんな感じ↓↓

キターーーー!美しい・・・。
やばい・・・何!?何!?急に・・・
キュン死しちゃうんですけど、
カインとアベルの予告・・・
カラコン・・・しかも緑・・・
カッコよすぎ・・・死んじゃう・・・
ただ、ただ、美しい・・・・

※http://heysayjump-joho.net/4680

挙げ句の果てには公式ツイッターからも↓↓

もはや最初から教える気、ゼロですね。笑 いつまでワクワクさせるつもりなんだよ、早く教えて〜!(><)って、ファンの声が聞こえてくるようですね。

家族構成のファン予想がヒートアップ!

さて、カインとアベルの家族構成が肝になるこのドラマ。公式サイトでもあらすじがこんな感じで出ていますので、配役が気になるのは当然ですよね。

カインとアベル
10月スタートの月9ドラマは、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんを主演に迎え、ヒューマンラブストーリー『カインとアベル』をお送りします。

2016年日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、高い演技力とアクション性で、飛ぶ鳥を落とす勢いの山田さんが、フジテレビ連ドラ初主演かつ、月9初主演となる今作で、ご自身初の“スーツ姿”で、人生初の“ラブストーリー”に挑みます。
 
『カインとアベル』は、旧約聖書『創世記』第4章に登場する兄弟の名前をタイトルにした作品です。“運命的な兄弟”の姿を描く『カインとアベル』が2016年秋、“月9”でよみがえります!

『カインとアベル』とは、アダムとイヴの息子たちのストーリーです。兄のカインが、神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛を受ける弟のアベルに嫉妬するという、“愛への渇望”、“父に認められたい”という普遍的なテーマが描かれる物語です。
 
山田さんが演じるのは主人公の高田優(たかだ・ゆう)。家族や仕事、そして恋する人とのせめぎ合い、葛藤を通じ、“本当に大切なもの”をその手につかもうとする高田優を山田さんがどう演じるのかに、ご注目ください!

スポンサーリンク



ストーリー
高田優は、デベロッパー会社の社員。優の父は幼い頃から成績優秀な兄に目をかけ寵愛し、優には無関心。優は父親の愛情に飢えていた。どうにか父に認められたい…。

ある日、優は一人の女性と巡り会う。出会いは最悪だったが、仕事や思いもよらぬ展開を通して、徐々に彼女に恋愛感情を抱き始める優。しかし、皮肉にもその女性は兄の恋人だという事実…。

「好きになってしまった感情は、簡単には忘れられない」。

複雑な恋愛模様、兄そして父との葛藤の中で、度重なる危機に直面する優が、一人の男として、そして一人の人間として変貌を遂げるべく、今歩み始める…。

羽鳥健一プロデューサー
「2016年10月クールの月曜夜9時枠にて、『カインとアベル』をドラマ化します。この『カインとアベル』は、これまで『エデンの東』(小説・映画・ドラマ)のほか、『ケインとアベル』(イギリスにて小説、アメリカで映画・ドラマ)や、韓国ドラマ『カインとアベル』、ほか様々な小説・映画に、“運命的な兄弟”を暗示させる二人の物語を題材にした作品が多い、まさにエンターテイメント界における“伝説的”な物語です。この作品を2016年の東京を舞台にして連続ドラマ化するというチャレンジに挑みます。この物語は大きな3つの軸である“複雑な恋愛”、“兄弟の確執”、“親に認められたいという思い”との葛藤、によって物語が展開していきます。時代や世代を超えた普遍のテーマでもあります。今回制作する2016年版は何をやっても上手くいかない主人公が、家族や仕事、そして恋する人とのせめぎ合い、葛藤を通じて“本当に大切なもの”を果たして手に入れることができるのか? という内容になります。若い世代の方々だけでなく、あらゆる世代の方々に楽しんでいただける、ヒューマンラブストーリーにしたいと思っています。兄へのコンプレックスと父に認められたいという思い、そして複雑な心理描写が要求される主人公・高田優役をいま最も勢いのあるグループHey! Say! JUMPの山田涼介さんにご依頼させていただきました。山田さんはこれまで『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)での少年探偵や、最近では映画『暗殺教室』での暗殺の才能を秘めた中学生・潮田渚など、漫画が原作の“少年ヒーロー”的な役柄が多かったですが、それらの作品の中で時折垣間見られた“艶”のある表情やお芝居、ご本人から感じられるグループの不動のセンターとしての存在感、そして、最近特に感じられる、大人の階段を一歩一歩着実に歩まれている様子が、今回の繊細な主人公を演じていただくにはベストマッチだと思い、オファーをさせていただいた次第です。山田涼介主演『カインとアベル』に、どうぞご期待ください」

※http://blog.fujitv.co.jp/CainandAbel/index.html

スポンサーリンク



これを受けて、父親には誰々が適任だなんだ、と噂が広まっていますので、それをまとめてみたいとおもいます。(完全に予想ですよ、みなさんの。公式じゃないです。)こんな画像まで作って結構本格的ですよね。笑
image
※http://mami-ch.blog.so-net.ne.jp/2016-09-04

父親:高嶋政伸
母親:南果歩
兄:桐谷健太
ヒロイン:倉科カナ

なぜこの配役なの?

配役の意図は、何となくわかります・・・。

まずは父親の高嶋政伸。近年、狂気じみた演技でその地位を不動のものにしていますよね。私の中では狂気、変な、おかしい、やばい男性 = 「高嶋政伸」だし、それは視聴者のみなさんも同じなんじゃないでしょうか。

シナリオを見る限り、兄ばかりを溺愛し、弟の山田涼介には目もくれない冷たい、ムカつく演技をしなければいけません。「この父親腹立つ〜っ!!」って思わせないといけないですよね、視聴者に。笑 なかなかできないですよ、演技力がなければね。イメージは最悪になりますけどね、とくにジャニーズファンの女の子たちには。よって、アリだと思ってます。むしろ高嶋政伸にやってほしい。

続いては南果歩。父親とは違って、同じ子供の弟(山田涼介)にもしっかりと愛情を感じ、愛情を示していて、幼いころから支えてくれている存在、だけど、山田涼介は父親に認めてもらいたいという意識が強く、母親の優しさが届かないといったところでしょうか。儚い感じの母親像が求められますよね。ここに南果歩さんは、う〜ん、微妙かな。

そして兄の桐谷健太。これはナゾです、個人的に。確かに演技派ですしね。どんな役柄にも挑戦できるし、やってほしいとは思います。AUのCMの面白キャラを見ていると、シリアスな役も見てみたい!って思いますよね。はっきりいってイケメンなんで、山田涼介の兄でも全然OK!

スポンサーリンク



もし桐谷健太だとしたら、あの若干舌足らずな感じの喋り方で、弟を冷たくあしらう設定よりは、自分も弟のことが気になってるし好きなのに、山田涼介自身が、自分にライバル心を燃やしていて、仕方ないなぁ・・・って感じのキャラ設定にする方が無難かなぁ。

実年齢もドラマでは結構大事だと思っていて、その視点から考えると、桐谷健太と山田涼介は一回りくらい違うでしょ?兄の恋人に恋愛感情を持ってしまうってあたりが、若干無理があるような気がしますけどね。

その女性の年齢は桐谷健太より下で、山田涼介より上に設定しないとまずいでしょ?離れすぎてることが逆にヒロインを選びやすくしているとも考えられるのかな。その差、実に13歳差。単純計算で、間をとると、ヒロイン役は28歳あたり?!

続く、倉科カナはなんと年齢が28歳!!なんだと!笑 これは仕組まれているのか、それともファンがそうやって予想したのか、なんかこう言われると結構いい感じのキャスティングなのかもしれないと、思い始めてきました・・・。

スポンサーリンク



個人的に倉科カナは演技派で見ていて楽しいし、ワクワクします。艶があるというか、ひと昔前(って言ったら失礼ですけど)、永作博美的な感じっていうんですかね。いつまでたっても若いって言われる女優のひとりになりそう。年下との恋愛もしっかり演じてくれそうだし、ファンも倉科カナだったら、認めてくれるかも?!

ティザーが公開されてから間もないので、まだまだ真相はヴェールに包まれていますが、それがわかり次第、随時更新していきますので、また見に来てくださいね!みなさんのご意見もお待ちしております。

関連記事↓↓
山田涼介のドラマ・CM出演がヤバい?!アノ噂の真相とは?!

 - カインとアベル