googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

イノッチ、ひよこボタンがついに実現・・・!世界中のママたちが泣く!!?

      2016/10/25

イノッチ、ひよこボタンがついに実現・・・!世界中のママたちが泣く!!?

img_0511

先日話題になったイノッチの「ひよこボタン」ですが、その斬新な発想がすぐに実現したことがわかりました。簡易的に「ぴよぴよ」となくと思われる「ひよこボタン」ですが、作るにしてもそう簡単には作れなさそうだけど・・・。イノッチ発案のひよこボタン、実現した件について、深掘りしていきます。

スポンサーリンク



イノッチ、ひよこボタンがついに実現ってどういうこと?!

番組の中で、いのっちが提案したのが「ひよこボタン」です。飛行機や電車に「ひよこボタン」を設置しておいて、子どもが泣き出したときにみんなでそのボタンを押すと、あちこちから「ピヨピヨ、ピヨピヨ」と鳴り出すというもの。

その音には「ぜんぜん大丈夫よ」「どんどん泣きなさい。子どもは泣くのが仕事ですよ」というメッセージが込められています。いのっちは、ちょっと冗談めかしながらもけっこう真剣な面持ちで、そんなボタンを作ったらいいんじゃないかというアイディアを披露しました。

共演の有働由美子アナや柳澤秀夫アナらも「それはいい!」と大絶賛。乗り物に取り付けなくても、持ち運びできるものがあってもいいんじゃないかという話が出ました。たしかに、技術的はシンプルな話なのですぐにでも実現可能です。

と思ったら、すぐに実現しました! すごいぞ21世紀! 放送があった当日、アンドロイドのスマホでアプリをダウロードできる「Google play」に、いのっちの提案に応える形で二種類の「ひよこボタン」アプリがお目見え。

片方は「ひよこボタン」(提供元:gaomar)、もう片方は「子育てママを気遣う ひよこボタン」(提供元:tsutomu satou)という名前で、どちらも無料でダウンロードできます。たぶん有志が勝手に作ったものですが、いのっち側もNHKも、喜びこそすれ文句をつける気持ちはさらさらないでしょう。

スポンサーリンク



 さて、ひょうたんから駒、テレビからアプリで、いのっちのアイディアは現実のものとなりました。残る問題は使う側の勇気です。実際に電車などで赤ちゃんが泣き出したときに、とっさにこのアプリを立ち上げて、ボタンを押すことができるでしょうか。まさに大人の正念場。ドキドキしてスマホを落としたりしたらさらに緊迫した雰囲気になりかねないし、チラチラと親子のほうを見てしまったりしたら余計に居たたまれない気持ちにさせてしまいます。あらかじめ、さりげなく押す練習を十分に重ねておきましょう。

 とはいえ、まだそれほど「ひよこボタン」の存在や意味が広まっていない今の段階では、ただヘンな音を出している迷惑な人と見られかねません。それはそれで、まわりの乗客の視線や関心をこちらに向けて、泣いている赤ちゃんの親の気持ちをほんの少し軽くしてあげることができる……かも。何より、まずは誰かが使わないと広がっていきません。今使えば、たとえ空振りに終わっても、社会の踏み台になれた喜びは感じられます。

 乗り物の中だけでなく、オフィスで「ひよこボタン」を使ってみるのも一興。同じ課の同僚がミスをして上司に叱られたときに、そっとボタンを押せば、「ドンマイ、ドンマイ」「ミスは誰にだってあるさ」というメッセージを伝えられます。居酒屋でいかにも不慣れなバイト君がオーダーを間違えたときも、このボタンで応援と慰めの気持ちを伝えましょう。ま、ガヤガヤした居酒屋で押しても聞こえない可能性が高いので、その場合は「気にしなくていいよ」と言葉をかけてあげたほうがいいですね。

 本来は、こういうアプリに頼らなくても、気軽に声をかけあえる社会になるのが理想です。恐縮している相手にここぞとばかりにムッとしたり舌打ちしたりするのではなく、ニッコリ笑って「気にしてませんよ」「大丈夫ですよ」と言えるのが、大人の度量でありやさしさであり身に着けておきたい技量に他なりません。ひとりでいるときに「ひよこボタン」を押して、忘れかけている心の余裕を取り戻しつつ、ひよこではなく立派なニワトリになろうという決意を新たにしましょう。それはそれで有効な活用法という気がします。

http://www.news-postseven.com/archives/20161022_459259.html?PAGE=2

スポンサーリンク



イノッチの発案を実現したのはスマホアプリだった!

img_0510

さすがの21世紀。思いついたことはすぐに実現できる時代になっていますね。パソコンは簡単に実現できるだろうけど、これまではそんなデバイスはなかったですからね。スマホは持ち運びが簡単なパソコンと同じなので、さすがアプリとして入れればなんでも可能!

あとは、このアプリを使うにしても、押すタイミングを間違えたりすると失笑の嵐になりそうだし、あまりに大きな音だと、今度はその押した人が睨まれる結果になったり、となかなか扱いは難しそうですね。

ようはこの行為を広めていくことが大切なのかなと思います。そして本当に広めていくべきはアプリのような「道具」ではなく、赤ちゃんが泣いてもまったく平気な「空気感」ですよね。知らん顔してるんじゃなくて、「泣いちゃってるの〜、大丈夫大丈夫!よしよし♡」ってしてあげることじゃないかな。

おばあちゃんとか、そういうことを平気でやってのけるから、やっぱり女性ってすごい。ああいう感覚、見習いたいですね。

 - 井ノ原快彦