googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

【天皇賞秋】2016の出走予定馬は?!今年の優勝馬はコレだ!

   

【天皇賞秋】2016の出走予定馬は?!今年の優勝馬はコレだ!

img_0496

ここ数年、ジャパンカップのトライアルレースとなりつつある天皇賞・秋。秋華賞を皮切りに、秋競馬のG1レースが本格稼働しています。2016年秋の天皇賞、今年の出走予定馬は?そして優勝馬は?天皇賞秋、2016年出走予定馬と優勝馬の予想を深追いしてみたいと思います。

スポンサーリンク



2016年天皇賞秋はどんな馬が勝つと言われている?!

競馬ほど昔から日本人に馴染みのあるレースもないですよね。歴史があるからこそ面白い、そして血統があるからこそ燃える!誰が勝つかわからない中で、予想を立てて、当たったときの喜びは金額以上のものがあるんだと思います。私も競馬は見るのが大好きです。馬、可愛いですしね!

ちなみに、将棋や囲碁のように、格言的なものもあるんですよ。例えば、よく三冠馬って耳にすると思いますが、この三冠馬って何を指しているのかといえば、牡馬と牝馬で違うのですが、3歳しか出走できないレースの3つを全部取ると「三冠馬」として賞賛されるわけです。

牡馬の場合、皐月賞、日本ダービー、そして今日の菊花賞!牝馬の場合は、桜花賞、オークス、そして先週行われた秋華賞。とくに牡馬3歳の三冠レースはこう言われています。

・皐月賞はもっとも速い馬が勝つ
・日本ダービーはもっとも運の強い馬が勝つ
・菊花賞はもっとも強い馬が勝つ

では天皇賞・秋はどんな馬が勝つと言われるのでしょうか?上記三冠馬のような格言的なものは見つかりませんでしたが、こんなものがありました。↓↓

・天皇賞秋を勝った馬は最強馬になる

なんかこれはこれでかっこいいですよね。ちなみに歴代の天皇賞秋を取ったサラブレッドを見てみると、ミスターシービー、タマモクロス、スーパークリーク、ヤマニンゼファー、エアグルーヴ、スペシャルウィーク、ウォッカ、などまだまだ他にも名馬がたくさんいますが、そうそうたるメンツですよね。たしかに言えてるかもしれません。

ただ、近年は海外G1レースの世界的権威のあるレース「凱旋門賞」に出走する馬が多くなってきていて、例えばスーパーホースの「ディープインパクト」や「オルフェーブル」などは天皇賞秋ではなく、凱旋門賞に行ってしまっていたので、日程的にこのレースを走れないこともありました。

やはり日本最強と言われたディープインパクトやオルフェーブルをもってしても取るのが難しいんですね、凱旋門賞。とくに2012年のオルフェーブル2着は本当に本当に惜しかった!↓↓

スポンサーリンク



2016年天皇賞秋の出走予定馬はこちら!

天皇賞秋2016
モーリス ムーア
アンビシャス 横山典
エイシンヒカリ 武豊
ルージュバック 戸崎
リアルスティール デムーロ
ラブリーデイ ルメール
ステファノス 川田
アドマイヤデウス 岩田
ヒストリカル 田中勝
サトノノブレス シュタルケ
サトノクラウン 福永
ロゴタイプ 田辺
ヤマカツエース 池添
クラレント 小牧
カムフィー
※騎手は変更になる可能性があります。
日程:2016.10.30 出走馬頭数:15頭
[天皇賞秋2016予想] 場所:東京競馬場

また、今年のサマー2000シリーズ王者のアルバートドックが靭帯損傷で天皇賞秋を回避するというニュースも飛び込んできましたね。

 今年のサマー2000シリーズ王者、アルバートドック(牡4歳、栗東・須貝厩舎)が天皇賞・秋(10月30日、東京)を回避することが12日、決まった。左前脚の繋じん帯に軽い損傷が見つかったためで、今後は北海道の追分ファームリリーバレーに放牧へ出される。

 同馬は松田博調教師の引退にともなって、3月に須貝厩舎に転厩。7月の七夕賞で重賞2勝目を挙げ、新潟記念2着でポイントを重ねて、サマー2000シリーズを制覇。その後は放牧をはさみ、天皇賞へ向けて、先月下旬に栗東へ戻り、先週6日に栗東・坂路で54秒4―13秒5の時計をマークしていた。須貝調教師は「今後の予定などは患部の様子を見てからです」と話した。
http://www.hochi.co.jp/horserace/20161012-OHT1T50070.html

スポンサーリンク



天皇賞秋2016の優勝馬は誰だ?!【予想】

誰が勝つかわからない競馬。その中での予想的中は、配当金以上の喜びを感じられる瞬間なのではないでしょうか?スポーツ新聞各紙は、やはりモーリスやエイシンヒカリなどの実力馬を推しているところが多いようです。

モーリス
2015年1月にとった若潮賞から破竹の7連勝で、マイルG1で4連勝を飾ったマイルの絶対王者です。6月の安田記念では、海外遠征帰りで十分準備ができなかった中での2着でしたが、最後は踏ん張りましたね。

札幌記念では、最速の「上がりタイム」を計測しましたが、ネオリアリズムに逃げ切られてまたもや2着。モーリスは年末の香港遠征を最後に現役を引退することを表明しているので、天皇賞秋が国内ラストランになります。ムーアとのコンビで天皇賞馬になり有終の美を飾れるか、注目が集まっています!

エイシンヒカリ
初の海外遠征となった香港カップでは鮮やかに逃げ切って自身初のG1を制覇!また2016年春にはヨーロッパへ遠征して、フランスG1のイスパーン賞を圧勝。海外G1連勝を飾るとともに、IFHAが発表しているワールドベストレースホースランキングで単独世界一に輝きました。

気性にやや難を抱えている馬ではありますが、天皇賞秋でどんな走りをしてくれるか期待が高まりますよね!そして今日は牡馬の三冠目である菊花賞レース!!いよいよ競馬が楽しい季節になってきましたね!

 - 天皇賞秋