googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

松本潤の映画『ナラタージュ』で禁断のベッドシーンが・・!【ファン悲鳴】

   

松本潤の映画『ナラタージュ』で禁断のベッドシーンが・・!【ファン悲鳴】

img_0655
嵐の松本潤が主演を務める映画『ナラタージュ』が2017年秋に公開されます。なんと映画内で、禁断のベッドシーンがあるとの情報が入ってきました。アイドルとしても、俳優としても殻を破った松本潤の演技に注目が集まる映画『ナラタージュ』における、ベッドシーンの情報について、深く追って見たいと思います。

スポンサーリンク



松本潤の映画に禁断のベッドシーン?!

近年、「先生と生徒」と言う禁断の恋を描いた映画の情報が数多く解禁されています。山下智久×小松菜奈の「近キョリ恋愛」、生田斗真×広瀬すずの「先生!」など…。中でも『ナラタージュ』が最も注目を浴びる理由の一つに、ジャニーズ禁断の“ベッドシーン”が挙げられます。松本潤主演の過去の映画はこちら↓
松潤が主演した以前の作品について

島本理生原作の『ナラタージュ』には、主人公の葉山貴司先生と工藤泉が互いに抱く叶うことのない、すれ違う思い、頭ではわかっていても止めることの出来ないその感情や表情が、狂おしいほど生々しく、神妙に描かれていますが、一体映画ではどこまで表現されているのでしょうか?

各スポーツ紙に掲載された『ナラタージュ』の制作発表記者会見の様子。今回のキーワードである“ベッドシーン”についての記者から質問が飛び交いました。このシーンに対して松本潤は「有村さんと一緒に、清らかであるのと同じほど苦しい心模様を表現していきたい」と語っています。

待望の映画化になることとなった『ナラタージュ』、恋愛映画の真骨頂となることが予想されるこの映画ですが、メガホンを取ったのは、「世界の中心で、愛を叫ぶ」やNEWSのメンバー加藤シゲアキが執筆を手掛けた「ピンクとグレー」の映画化に際して監督を務めた行定勲です。

行定監督は同記者会見で「不確かな愛に揺れる2人を松本潤さんと有村架純さんに狂おしく演じてもらうことに私自身、胸が高鳴ります。恋することがこんなにつらいなら、好きにならなければよかったと思えるような、恋愛映画の金字塔を目指して挑みたい。」と語っています。

スポンサーリンク



松本潤の『恋愛映画×ベッドシーン』に世間の声は?!

映画化に伴い、どれだけ互いに思い合っても決して交わり合うことのない「先生と生徒」というあり得ない設定に、世間はどう感じているのでしょうか。また、松本潤、有村架純双方のファンはじめ原作ファンは映画化に対してどのような印象を抱いているのか調べてみました。

美男美女の愛し合うシーンwwww
いやもうJに関しては常連よ笑
ショコ潤上回るベッドシーンなんてないからね笑
それよりなにより「教師役」っていうのがイイ!
まじでTobe松本先生だしねついでに友情出演で櫻井先生もでちゃいなよ(切実)
潤くんの演じる葉山先生(原作)

・卒業式に泉(架純ちゃん)と写真を撮る時まさかのキス
・表向きには「別れた」と説明していた訳あり奥さんと実は籍を抜いていなかった

・泉と先生が別れる前、泉「二度と起き上がれないくらい壊してほしい」⇒激しいベッドシーン

ひどいけど優しい役らしい

[ナラタージュ/島本理生] ずっと演劇部の顧問に想いを寄せていた主人公。彼女は「先生」との再会から、その想いを再燃させ、また「先生」も彼女への想いを募らせていく。手に入らないものに焦がれる激しさと、全てを諦め手放す様な切なさ。いつか読み返してみたいけど、しばらく読み返せない本。

引用: http://uni43uni43.xsrv.jp/7369.html

スポンサーリンク



どの目線からも多様な意見がある『ナラタージュ』の映画化。しかし、行定監督はラジオで、この単行本が発売され注目を呼んだ、10年前からこの作品が気になっていたこと、ヒロイン役は過激な故、3回ほど成立しなかったことなど、『ナラタージュ』についての思いをラジオで語りました。

行定監督も今まで以上にメガホンと取る手に力が入ったことでしょう。ひしひしと伝わる行定監督の長年の思い、叶わない恋に立ち向かう2人の狂おしくも生々しく、もどかしいほどの恋愛模様を描きとおしたキャスト陣の魅力満々な『ナラタージュ』は2017年秋公開です!!

 - 松本潤 映画