googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

2013年の櫻井翔が太った経緯がヤバイ!この体質が原因か?!

   

2013年の櫻井翔が太った経緯がヤバイ!この体質が原因か?!

image

前回の記事では2014年の櫻井翔が太ったと噂された事実を検証し、それを取り扱ってるブログを見ていきましたが、どうやら2013というキーワードでも櫻井翔が太ったという噂が流れている(流している?!)そうです。2013の櫻井翔に一体何があったのか、探っていきたいと思います。

スポンサーリンク



2013年の櫻井翔には何があったのか?!

2013年に、櫻井翔が何かストレスがかかるようなことはなかったようですが、それにしても仕事に、勉強に、とにかくストイックに取り組むのが櫻井翔という人間の性格。それだけに、メンタルで負担がかかることも大きく、もともともっている「太りやすい」体質も相まって、痩せたり太ったり、を繰り返しているのではないかと思う。

少し調べていると、2013というキーワードでは、インタビューを受けたときのコメントが載っていました。

その学部を、仕事しながらでも卒業できれば、大学生活を全うしたと、胸を張って言えるんじゃないかと。分かりやすく、大人に認めてもらえるんじゃないか、って思ってた。つまり、あの学部は比較的ラクな方だよね、そりゃ嵐やりながらでも卒業できるよね、って言われたくない。そう思われるのはショックだ、って思ったんだよね。当時の僕は、誰にも文句を言わせる余地を与えたくなかったのかもしれないね。

※theテレビジョンより引用

櫻井翔はもともと、かなりの現実路線というか実利主義というか、夢に憧れて自分の時間をかけるということはしないタイプらしく、芸能界という特殊な環境に身を置いてしまったことはを後悔していたタイプとして有名ですよね。

まわりの友人たちがどんどん就職していき、定年という安定がある程度約束されていく中で、自分だけが将来に不安をもつこともあった。

と語っていたこともあるくらい、堅実なタイプ。そういえば、父の櫻井俊氏も国家公務員のスーパーエリートですよね。なんだかその血を色濃く受け継いでいる感じがしますね。ジャニーズアイドルという仕事をしている方としては珍しいタイプですよね。

スポンサーリンク



また、自分の「考え方」「○○観」というのをしっかりと持っているようで、例えば仕事観でいえば、眠い、とか、つらい、とかマイナス発言をすること自体を自分に禁じているし、そういう発言をすること自体、仕事人としてアウトだと思っているとのこと。

また恋愛観では、互いが互いを成長させる関係ってあれ、ウソ!などというように、自分なりの恋愛に対する感覚を確立しているようですね。ま、しっかりしているなと見えるといえば見えるし、若干そういう人間は相手するのが疲れるってのもあります、個人的に。笑

だから本人曰く、自分のことはほどほどにめんどくさい人間だというのは、あながちウソじゃなさそう。だからこそ本音で意気投合できれば、めっちゃ仲良くなれそうだし、合わなければ仕方ないねって感じなんでしょうね。

フラフラとふらついている人間が嫌いなんでしょうねー。いいか悪いかは別として。

ということで、2013年の櫻井翔が太った話題とはかけ離れてしまいましたが、櫻井翔という人間をすこし垣間見ることができたのは良かったです。

 - 櫻井翔