googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

寺島速人が永井理子にキス?!全ては演技だったことが判明!【ブチギレ】

   

寺島速人が永井理子にキス?!全ては演技だったことが判明!

image

10月10日、テラスハウスのテレビ放送版でも、「問題の第44話」が放送されましたね。人目を盗んで隠れてキスをしてた寺島速人と永井理子。好きだからシた。ここまでは分かるけど、その後の寺島速人の発言に、永井理子やスタジオから批判が殺到。集中砲火を浴びているようです。

永井理子がドン引き!寺島速人の保身ぶりが話題に。

 10日深夜にフジテレビ系で放送された「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」の第44話で、前回の放送でカメラから隠れて男性メンバーとキスしていたことが発覚した“日本一かわいい女子高生”りこぴんこと、永井理子が騒動を釈明した。

 前回の放送では、これまで何度かデートを重ねるも、なかなか関係が進んでいないと思われていた18歳の理子と、シェフ見習いの29歳・寺島速人が、実はカメラに映らないところでキスをしたり、男子部屋の速人のベッドでこっそり一緒に寝ていたことを、他のメンバーが暴露するという衝撃の展開を迎えた。

 そして今回、そのことをメンバーたちに問い詰められた二人。理子は「どうしてもテレビというのを意識してしまうし、考えたくないけど(『テラスハウス』に出ることは)仕事って考えちゃっていて」と説明。その間、黙っていた速人もメンバーから促されると、「(理子の)芸能のことに気を使って今付き合うべきじゃないと思った。でも好きだからシちゃった」と重い口を開いた。

 それから速人と二人っきりになり、「好きだけど、理子のためを思ったら今付き合うべきじゃないかなっていうのがオレの今の考え。理子がどうしたいかだよ」とゆだねられた理子は、あらためて速人のもとへ向かうと、「いろいろ考えたんだけど、理子は速人くんの年上だからこそ頼りになる感じとか、みんなといるときも理子のことを特別にしてくれたりするところが好きだったし、付き合ってもいいと思っていた」と告白。

速人に思いをぶつけた理子
「だけど理子の仕事があるから付き合わないとか言われて、逃げられているのかなと思っちゃった。みんなで話しているときも理子だけが話に入っていて、速人くんは何も言わなかったし。そんな速人くんを見て、付き合いたいって気持ちはあったのに不安になって、どうしていいかわからない……」と率直な思いをぶつけた。

 しかし、速人は「軽率な行動だったのはわかっているし、それは本当に理子に申し訳ない」と謝罪するも、「今はお互いやるべきことがあるんじゃないのかなって。理子は芸能のことがあるし、オレは今は料理をすべきだったんだなって思った。オレは理子が一番に来なかった。仕事が一番に来ちゃった」と返答。

それを聞いた理子は「前にあれだけ好きだって言ってくれたのに、一番じゃないとか順位付けられて全然納得できない」と不満をあらわにし、その場を立ち去った。

 そんな速人の言動には、YOUらスタジオメンバーからも「サイテー!」と批判が集中。二人の関係はこのまま終わりを迎えてしまうのだろうか。(編集部・中山雄一朗)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000002-flix-ent

永井理子、寺島速人の演技だった疑惑はどこまで?!

「やらせハウス」の異名をもつテラスハウスですが、ネット上では「すべてヤラセでしょ」の声が異様に多いことでも有名です。以前、「あいのり」という、世界一周しながら、恋を育む、みたいな番組が、同じように台本があったことで炎上していましたが、今回のテラスハウスも同じ目線で見られている様子。

ここで、「演技だった」というのは、何が演技だったのか気になりますよね。台本があったって意味で、シちゃったのが演技だったのか、それとも、視聴者や同棲者たちをあざむくために、互いにそっけない素ぶりを演技してたのか。

個人的には、後者だとは思いますけどね。というか、前者だとしたら、二人の芸能人としての印象に、かなり致命的なダメージを負う気がするんですよね。事務所がOK出すのかなぁ・・。特に永井理子の方は、「日本一かわいい女子高生」として売り出している矢先に、この炎上

前者なら、相当肝っ玉が据わっているというか、リスキーな売り出し方ですよね。インスタでは、NETFLEXでの先行配信が終わった後に、批判殺到。そこで理子がなんと、禁断の大反撃に出るということまで発生し、この件についてはまだまだ話題が尽きません。

果たして、今後の、とくに永井理子の芸能人人生はどうなるのでしょうか。っていうか、みんな批判してるくせに、やっぱりなんだかんだ言って見てるんだなぁと思いました。笑

 - 永井理子