googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

【衝撃】白馬47で背後にクマ!【映像】

      2016/09/10

4月14日(木)、とくダネ!で衝撃映像について、ピックアップされていました。

 

その内容とは・・・・

 

スノーボードを装着するために、座ってバインディングをしめこむところから始まる動画の

 

中で、オーストラリアのスノーボーダー、ケリー・マーフィーさんは終始歌を口ずさんでおり、
当日の映像では天候はやや吹雪気味のため、あまり周囲の音も聞こえないのだろうか、背後に迫る

 

「それ」に何も気づかずに、ゆっくりとバインディングをしめていた。場所は白馬47。

 

自撮り棒が動いたことで背後にちらっと影がみえたが、一瞬で「それ」が何かがわかる。

 

黒い巨大なクマだ。

 

kuma

 

 

スノーボード経験者ならわかることだが、バインディングを座ってしめこんでいる時は

 

ほとんど身動きが取れない。視聴者もその自分の感覚と相まって恐怖を覚えたのだろう、

 

再生回数が300万回を超えるほどにまで話題を呼んでいる。

 

 

後ろに迫る猛獣に全く気付かないまま、斜面を滑り始める本人。

 

ターンするごとに背後の様子がチラッ、チラッと映り込むが、正直滑りを

 

見ている人はほとんどいないだろう、ターンごとの背景にうつる巨大なクマ

 

どこまで迫ってきているのか、にしか注意がいかないはず。

 

時折、けものの唸り声のような音も拾っているが、本人は楽しそうに滑走している。

 

 

もし彼女が転んだり、休憩しようと立ち止まったりしていたら、一瞬で襲われていた

 

だろう。全く気が付いていない本人と、殺気を放つ巨大なクマとの対比がまた恐怖を

 

増している映像だ。

 

 

動画の説明欄には、ケリーのコメントが添えられている。

 

 

ただし、この話には続きがあり、滑走したとされる4月9日の白馬の天候は晴れ。

 

また従業員にこの動画を見せたところ、全従業員が、ケリーさんが滑走しているコースに

 

見覚えがないとコメントしているそう。

 

従業員ならば映像を見ただけで、どこを滑っているか確実に分かるとのことで、

 

ネット上ではこの映像の真偽について、飛び交っている。

 

 

また、クマについても、大きさからいって、ヒグマかグリズリーではないか、とのこと。

 

ただし白馬にいるとすればそれはツキノワグマで大きさが全然違う。

 

果たして合成なのか、本物なのか。

 

ケリーさんにコメントを求めようとした取材陣は、

 

「日本の取材に疲れた、これから搭乗時間なのでもう質問に答えることはできない」

 

として、帰国の途についてしまったという。

 

ひょっとしたら、場所を「白馬」と勘違いしてしまったのかも?!

 

なんにせよ無事で何よりでした。

 - 衝撃 ,