気になるウワサはここだけでおk

〜ヒトの富幸はミツの味〜 読んでてシアワセになる記事を心がけます(なるべく。)

【朗報】木村拓哉、新ドラマ「a life」発進!5人の絆は健在だった!!

   

【朗報】木村拓哉、新ドラマ「a life」発進!5人の絆は健在だった!!

木村拓哉主演の新ドラマ「A LIFE」がいよいよスタートしますよね。SMAP解散を止められたなかったファンからすれば、5人の今後の活動の行方が気になると思います。まずは木村拓哉が初陣を飾りますが、ドラマ「A LIFE」開始とともに、嬉しいニュースが飛び込んできています。

スポンサーリンク



木村拓哉、新ドラマ発進に先駆けて流れた5人の絆とは?!

2016年末の紅白歌合戦にSMAPが出演するかしないかで、ある意味ファンが勝手に盛り上がっていたのもつかの間、SMAPは公約通り、スマスマでの共演を最後に、その姿を見せることはありませんでした。

そして、世の中で噂されている通り、4人対木村拓哉の構図をさらにファンに刻み込ませるかのように、木村拓哉を除く「4人と森且行」が焼肉会を行ったっていう情報までスクープされていました。木村拓哉を仲間外れにしたとされる報道はこちらの記事をご覧ください。↓↓
木村拓哉、裏切りの代償に忘年会で仲間はずれ・・・?!
これだけみたら、さすがのファンも「やっぱりキムタクだけハブにされてる、噂は本当だったんだ」って思ってしまいますよね。ところが、昨日、日刊紙からこんな報道がありました。↓↓

 木村拓哉(44)が11日、SMAP解散後、初めて公の場に姿を見せた。都内で行われたTBS系主演連続ドラマ「A LIFE ~愛しき人~」(1月15日スタート、日曜午後9時)の試写会で舞台あいさつに立った。昨年は解散騒動の渦中にあり、複雑な思いを抱えたまま過ごした1年だった。グループは昨年大みそかに解散。心機一転、この日は笑顔も見せ、新たな決意を語った。

 ドラマ第1回を上映する試写会は、医療を扱う作品に合わせ、東京・日本医師会館の大講堂で行われた。上映終了後、出演者による舞台あいさつとなった。会場後方の扉が開くと、登壇する出演者7人の先頭に木村が立っていた。約400人の観客からの拍手と歓声に包まれた。医師役の木村はドラマで着用する白衣を羽織っていた。頭を1度下げ、引き締まった表情でステージに向かって歩いた。無数のフラッシュを浴びながら登壇した。舞台あいさつでは「最後まで絶対逃げずにやり抜きたいと思います」と力強く語ったが、グループ解散について触れることはなかった。

スポンサーリンク



 イベントが終わり、拍手に送られてステージ袖に退場しようとした時、取材陣に声を掛けられた。足を止め、視線を取材陣にまっすぐ向けた。解散後の心境を聞かれると表情を変えず答えた。「やるべきことを、やるのみなんで」。そう言うと、自分に言い聞かせるようにうなずいた。心境に変化があるか聞かれると「それは、変わることっていうのは確実にありますけど」と言った後「もう今は、やるべきことをちゃんとやります」と続けた。そのまま立ち去ろうとしたが、取材陣から声が掛かる。どんな1年にしたいかと問われると、再び足を止めて振り返った。やや大きめの声で言った。「全力で!」。言い終えると白い歯を見せて笑った。

 昨年は解散騒動の渦中に立ち、苦しい1年だった。自分の気持ちを何度か言葉にしたが、状況は好転しなかった。8月に解散を発表後、歯がゆさを「情けない結果」と表現した。グループとしてラストステージとなった昨年12月26日のフジテレビ系「SMAP×SMAP」最終回はファンに向けたメッセージはなく、日本中が期待したNHK紅白歌合戦出場も辞退した。

 グループ最後の日となった大みそかの夜。木村を除いた中居正広(44)稲垣吾郎(43)草なぎ剛(42)香取慎吾(39)の4人と、かつてメンバーだった森且行(42)が都内の焼き肉店に集合した。取材によると、木村には当日連絡があったが、詳しい事情は不明だが合流はしなかった。

 木村はこの日、講堂2階で試写を見た。「方向性、やってきたことが間違いじゃなかったという確認ができました」。心機一転、表情も晴れやかだった。結成から28年間、苦楽を共にしたメンバーと別れ、1人の俳優として新たな1歩を踏み出した。【横山慧】

※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字体の下に刀

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-01764008-nksports-ent

スポンサーリンク



取材によるとって、誰が誰に取材したのかはわかりませんが、ファンからしたら、まさに救いの一報ですよね。さすがに28年間も一緒にやってきて、最後の最後で一悶着あったからといって、その誰かだけを仲間はずれにするような間柄じゃないでしょ、って思うのが普通だと思います。それを裏付けてくれる嬉しい報道ですよね。

年末の報道を見ていると、どうしてもSMAP内での不仲を際立たせて、ファンに少しでも心配させたい、っていう魂胆が見え隠れしていてうんざりしていたのですが、やっぱりこういう報道が出ると、真実は違ったんだなって嬉しくなります。

もともと自分も、テレビの中に居て当たり前の、空気のような大切な存在だったSMAPがなくなってしまうなんて、心にぽっかりと穴が空いたような気持ちで数ヶ月を過ごしたクチですが、最終的には、5人それぞれが今後も自分らしく仕事ができるなら、それはそれでありなんじゃないかと思っていました。

スポンサーリンク



事務所だのなんだの色々なしがらみ、ありますよね。大人だし、社会人だし。芸能人である前に、ってことです。だから、会社の決定には従わなきゃいけない時もある、不服だけど受け入れたことで、世間から様々なバッシングをうけることもある。

でも、そういうのを全部覚悟して、今すべきことを全力でやるっていうのが、今の木村拓哉の気持ちなんだろうなって思いました。ちょっと前までの報道陣に対する姿勢と、少し変わってきている感じもしますしね。

SMAPという枠組みがなくなっただけで、5人それぞれは健在なわけだし、それぞれが今まで通り多方面で活躍してくれることを祈るばかりです。これからも、日本国民のアイドルとして、頑張って欲しいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね☆

 - SMAP