googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

香取慎吾が描く黒うさぎの恐怖。「ソジーの錯覚」って何?

   

香取慎吾が描く黒うさぎの恐怖。「ソジーの錯覚」って何?

soji

香取慎吾の黒うさぎが、5匹から4匹になったことで様々な憶測がでていますよね、香取慎吾の内面にどんな変化があったのかっていう。これ、専門家に言わせると「ソジーの錯覚」っていうらしいです。これまでSMAPの5名を象徴していると言われてきた黒うさぎ
と、「ソジーの錯覚」とかいう怖い話について調べてみました。

スポンサーリンク


香取慎吾の黒うさぎを精神的に分析すると

香取慎吾の黒うさぎが出てきたのは、テレビでも香取慎吾自身が告白している通り、SMAPデビューして数年後。前々から家によく現れていたそうです。つまりほかの人には見えてないけど、香取慎吾の目には映ってるってことですよね。怖いです。笑

普通の小学5年生だった香取慎吾がデビューした芸能界、そこでいいことも悪いことも、いやなこともどす黒いことも、幼くて繊細な心をもつ香取慎吾少年には、かなりドぎつい仕事だったんでしょうね。

香取慎吾には友人がいない・・?!

学校でお友達を作ることもままならないまま大人になってしまったので、とある番組でIKEAに買い物に行った際、友人を呼んだ時用の家具とかを、ほかの出演者たちがさがしている中、香取慎吾がつぶやいていたのは、「人来るかなあ・・・」「まずは友達だな」「友達って、どこに置いてあるんだろう・・・」ですからね。

あれをみてた香取慎吾ファン、けっこう心配になったはずですよ。「えぇ?!慎吾ちゃん大丈夫?」とか、「香取慎吾、闇ふけぇぇぇ」って声多かったですから。

スポンサーリンク


香取慎吾が描く黒うさぎの意味は

香取慎吾の視界に、ある日突然現れたっていう、その「黒うさぎ」。本来は5匹もいなかったんでしょうね。ただ、本人が現れた黒うさぎを描いてみたら、その時からぱったりと見えなくなったって言ってます。んで、よくサインなんかにも登場させて、ファンからはかわいいって喜ばれている感じ。

まぁはっきり言って、客観的に見たら「怖い」が普通ですよね。色使いとか目の色とか。真っ黒の体の色に、真っ赤な目。普通にみたら恐怖を感じる絵ですね。一部では、香取慎吾の二重人格的な何かが生まれたんじゃないかと噂されています。

香取慎吾の黒うさぎとソジーの錯覚って何?

香取慎吾の黒うさぎって話を調べてみると、ソジーの錯覚って精神心理学の言葉にぶつかります。このソジーの錯覚って何なんでしょうかね?ということで調べてみると、これははるか昔、なんとギリシャ神話の時代まで遡りました。

arukume

ソジーの錯覚
その昔、神話の時代に、アンフィトリオンという戦士と、アルクメーネという非常に美しい妻がいました。

全能神ゼウス(ジュピター)はなんとかアルクメーネを自分のものにしたいと思い、様々な方法でアルクメーネに言い寄りますが、アルクメーネは決して夫アンフィトリオン以外に心を許しません。

ゼウスは、ある時、アルクメーネが遠征で戦争に行っているタイミングに乗じてアルクメーネに変身、戦争から帰ってきたフリをして、アルクメーネに会い、これまでの思いをぶちまけるかのように、夜の長さを3倍にして、アルクメーネとの夜を思う存分楽しみました。(ちなみにこのとき、アルクメーネが子供を宿してしまいます。)

そんなことも知らずに戦争に行っている本物のアンフィトリオンは、戦いに勝ったという知らせをいち早く最愛の妻、アルクメーネに伝えるために、使用人の「ソジー」に、その報告をさせようと、家に馬を走らせました。

ところが、家の中にも偽物のソジーが紛れ込んでいたんですね。そう、こちらも、ジュピターが戦争から帰ってきたフリをした際に、一緒につれてきたマーキュリーも使用人のソジーに変身して、家の中にいたんです。

本物のソジーはマーキュリーが変身したソジーと「本物争い」をしますが、当然神に勝てるはずもなく、ボコボコにされてしまいます。笑 そしてアルクメーネには、本物のソジーはマーキュリーの方だと認識されてしまいます。

スポンサーリンク


こんな戯曲が、しかもけっこう有名な感じであるわけですね。つまり、本人のなりすまし、つまり「替え玉」ですよね。その替え玉の代名詞として、「ソジーの錯覚」という言葉が使われたみたいなんですね。

つまり替え玉、すり替わりという意味でつかわれているソジーの錯覚ですが、香取慎吾の場合、何が何に置き換わったんでしょうかね。今まで見えていた黒うさぎが、絵の中の黒うさぎに置き換わった?

それとも、何か大切なものが黒うさぎに置き換わった・・・?ソジーの錯覚の場合、何か大切な人やモノがすり替わってしまったと感じる精神疾患だそうですが、香取慎吾の場合、何がすり替わってしまったのか、謎ですよね。

さて、この戯曲には続きがあります。ご興味がある方は続きをご覧くださいね。↓↓

ソジーの錯覚について、その後。

それにしても、全知全能の神ゼウス(ジュピター)ってエロいですよね。人の妻を自分のものにするためなら何でもヤるってことですからね。しかも夜の長さを3倍にして、自分の精を出しまくるっていう。絶倫ですね。そりゃ奥さんのヘラは焼きもち焼くにきまってる。笑

 - SMAP