googleトレンドを探る!

今日の気になる出来事をピックアップ!

【SMAP解散の真相】犯人工藤静香&メリーvs週刊文春、2016年ガチバトル!

   

SMAP解散の真相にむけ、工藤静香メリーvs週刊文春がガチバトル

image

SMAP解散にHey!Say!Jump中出し妊娠と、ジャニーズ界は荒れに荒れまくっています。今回はSMAP解散の真相の闇に刃を向けた、週刊文春が工藤静香&メリーに対して行った宣戦布告について、取り上げてみます。

スポンサーリンク



ついに勃発!?工藤静香メリーvs週刊文春のスキャンダル戦争!

数々のスクープで世間を震撼させる『週刊文春』(文藝春秋)が、ジャニーズ事務所の女帝・メリー喜多川氏(89)と工藤静香(46)に取材攻勢を掛け、大反響となっている。

8月25日発売号では、「SMAPを潰したメリー副社長と工藤静香」と題して、メリーと静香の蜜月、SMAP解散に暗躍した静香の動きを詳報。

さらに翌週号の「キムタクを骨抜きにした工藤静香“猛妻”伝説」では、静香がジャニーズ内で「ドークー」と呼ばれていたジャニーズキラーだった過去、 結婚前から木村拓哉(43)が事実上の入り婿状態だったことなどを立て続けに暴いた。

そして、9月8日発売号では、緊急連載「メリーの正体」と題し、ついにジャニーズの本丸・メリー喜多川に切り込んでいる。

畳み掛けるように報じられるメリー氏と静香の特集記事。
だが、「なによりもすごいのは、その取材力だ」と、業界関係者は驚いている。

スポンサーリンク



「証言の多くは、ジャニーズOBや関係者。元忍者の古川栄司(45)、ジャニーズOBでSMAP振り付け担当経験のある木野正人(47)、 ジャニーズOBの東真司(55)、元ジャニーズJr.尾身和樹(34)など、実名で登場しているんです。特に古川は、メリーさんのお気に入りタレントへの偏愛を、 当時の事務所の状況と合わせて実に細部まで証言しています。
ここまでの情報を引き出したのは、さすがと言わざるをえないですね」

今まで触れられなかった核心に迫る文春

これまでメリー氏について報道されることはあったが、ネガティブな情報を実名の証言と共に報じられることはなかった。

もちろん彼女の正体を暴くことが芸能界ではタブーとされている事情もあるが、それ以上に、素性が簡単には分からなかった、というのが正直なところでもある。

「89歳とされてますが、実は本当の年齢ですら正確に知っている人がいない。
ここまでの情報を得るには、相当な労力を費やしたことでしょう。
また、ジャニーズ相手では裁判沙汰になる可能性も高く、労力に対してリスキーな取材です。

しかし、そこをやる『文春』。これは新谷学編集長(52)の『論よりファクト』、事実がなによりも大事だという精神あってのものでしょうね」(前出・業界関係者)

現に、『文春』はジャニーズ事務所から、「すべて事実無根」「法的手続きをとらざるを得ません」と通達を受けたと記事内で書いており、徹底抗争の構えを見せている。

スポンサーリンク



他誌が恐れた闇へ容赦なく攻撃を仕掛けた『文春』。次号では、メリー氏のルーツについて切り込むと予告している。『文春』vsメリー氏の仁義なき戦いから目が離せない。

http://dailynewsonline.jp/article/1194611/
2016.09.13 07:05 デイリーニュースオンライン

いやいや、かっこよすぎでしょ、週刊文春さん。あえて、さんをつけさせていただきます。国民は、週刊文春さんのようなメディアを望んでいるんですよ、いや本当に。報道、表現の自由とはいいながらも、明らかにおかしな情報統制。闇の力、バックに得体のしれない何かの力、が働いていることに、国民は完全に気づいています。

メディアやマスコミの本当の役割は、真実を報道し、国民に信を投げかけることですよね。だからこそ、悪いことをしたらバッシングを浴びるのは当然のことだし、それを覚悟して国民の前に出て言動をしなければいけない。

ところが昨今は、とにかく後ろでうごめく金の力で、国民が騙されているといっても過言じゃない。都合の悪いことは伏せて、金が儲かればいい。これって詐欺じゃないですか完全に。

スポンサーリンク



image

ジャニーズ事務所は、自分のところのタレントは「守る」けれども、その周りには一切配慮しない。まぁ当然ですよね。顕著だったのが、六本木で起きた、赤西仁、山下智久、錦戸亮の3人組の騒動です。

山下智久や錦戸亮は、どちらかというとその場に居合わせて巻き込まれた感を国民に植え込んでいましたが、当時すでにジャニーズから脱退していた赤西に関してはかわいそうになるくらい実名でバンバン新聞に載せられる。

まぁ後から、赤西仁が騒がれると山下智久や錦戸亮にも被害が及ぶと考えたのか、露出は減りましたけどね。

image

それから、SMAPの稲垣吾郎が女性警官を怪我させて、そのまま車で逃走したひき逃げ事件。普通に犯罪です。ところがその日の夕方に速報されたニュースでは、一番最初の言葉こそ「稲垣容疑者」というテロップが出てましたが、すぐに「稲垣メンバー」とかいうわけのわからない呼称に変更。ネット上では大荒れでした。

そろそろ、この日本を本気でよくしようというメディアが現れてもおかしくないし、必要ですよね。ある程度の力がないと、ただ潰されて終わりですが、さすが週刊文春。ここまでのレベルの週刊誌になると、まぁ潰されることもないだろうし、ここまで大々的に宣戦布告すれば、国民の後押しも期待できます。

知りたいのは真実なんですよね。そしてファンもいい加減気づくべき。っていうか気づけよアホかって感じです。自分の娘が悪い男たちに騙されているのを承知で、見守っている父親の気持ちですよ、こちらとしては。

スポンサーリンク



ジャニーズもジャニーズですね。大野の大麻くん、あ、間違えた、大麻の大野くんだってそうだし、中居正広の妊娠堕胎だってそう。一般人だったら、たったひとつの過ちで、マスコミに大々的に取り上げられ、人生を棒に振るのが当たり前なのに、なぜアイドルだけが守られるのか。

それは、金が入るから、ですよね。自分の追いかけているアイドルが女の子を妊娠させた、とか、女性複数人と大麻を吸ってラリった挙句、3P、4Pした、とか、そんなの聞いたら、普通はファンをやめます。幻滅しますよね。理想像とかけ離れてて。

それをさせないための愛っていうのかもしれないけど、そんなの偽善。ようは自分たちの会社の利益のために、国民の女の子たちのファン(もちろん男子もいるでしょうけど)を騙し続けているわけですよね、そんな事実はないよ、大丈夫だよって。

これは、欠陥があっても、それを知ってて黙っておきながら商品を売りつける悪徳業者と同じレベル。悪いと知りながらも、血税を搾取して、騒がれなかったらOKとしているどっかの業者や都議と同じレベルです。あれ、一体どう落とし前つける気ですかね。

スポンサーリンク



お偉いさんであろうが、超人気アイドルだろうが、悪いことしたら罰せられるのが筋。一般人だけやられるってのはどう考えてもおかしいでしょ。金があればなんとでもなるって考え方してるから、悪がはびこるんでしょ。

仮にアイドルがスキャンダルを起こしたって、人間なんだから恋愛するのが当たり前。それをわかってあげられないファンは、ファンでいるべきじゃないし、若かりし頃の写真集でも買ってオナっとけって話です。

そういうのも全部ひっくるめてファンでいてあげるのが本当のファンでしょ。そして、ファンが大切なら、プライベートでもファンを悲しませるようなことをしないのがプロ。プロってのは自分の存在でお金を稼いでる人たちのことですからね。

そういう仕事を選んでいる以上、アイドルにはプライベートがないなんて、泣き言言ってんじゃねーよって感じ。やりたきゃいったんアイドルやめればいい。

ということで、かなり脇道に逸れてしまいましたが、話を戻しまして週刊文春さん。頑張ってください、応援しています。

スポンサーリンク



ネット上での反応は?!

文春にはジャニーズ事務所がひっくり返るようなスクープしてくれ
なんでも良いからジャニを潰せよ文春
うしろゆびさされ隊
お望み通りになってよかったじゃん
今月号のDuetでsexyzone中島、菊池、佐藤の3の人がインタビューで
「今年、デビューからお世話になっていた方が事務所を退社しました。まだまだsexyzoneにはいっぱいしてあげたいことがあったって言ってくれて、
僕達もその方のためにももっと頑張ろうって思った」って語ってて泣きそうになった。
この方は飯島マネージャーのことです。
飯島さんはsmapにしてあげたいこともあっただろうし、だからそんな優しい親心のある飯島さんにメンバーもついていこうと思っていた。
それなのに工藤静香のせいで、木村はメンバーとは違い事務所残留決めて、smapはバラバラになって解散するはめに。
工藤静香さえいなかったら、、、、絶対に許さない。
FRIDAYでメンバーの悪口言いやがって、このやろう。消えてほしい。
文春頑張ってください!

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473720943/l50

 - SMAP